サービス例

>

PCメンテナンス

パソコンを使って月日が経つと動作が遅くなってきます。一般的にはメンテナンスをしていないからです。劣化や故障による場合もありますが、改善するには、メンテナンスと設定の見直しをする事や物理的に優れたパーツに交換する方法もあります。パーツ交換には部品代金や期間が必要となりますので、先ずはメンテナンスと設定の見直しを行います。

パフォーマンスの設定
視覚効果が初期設定では自動になっていますので、パフォーマンス重視にします。
電源プランの選択
電源プランが初期設定では推奨になっていますので、高パフォーマンスにします。
不要な常駐ソフトの停止
自動的にスタートする余計なプログラム等を停止します。
プログラムのアップデート
Windowsやウィルス対策ソフト等を最新にアップデートします。
ウィルスの削除
ウィルスが無いか対策ソフトでPCをスキャンします。
履歴データの消去
インターネットを見ることやファイルを使うことで履歴などが溜まってきますので消去します。
ディスクのクリーンナップ
不要なファイルやデータがPCの利用で溜まってきますので削除します。
ディスクの最適化
ディスクのデータが分散されてしまう断片化を解消します。
清掃
通気口など埃の掃除をします。可能であれば分解して隅々まで清掃します。

配線整理

電話にWi-Fiに防犯カメラとサービス毎に各業者にお願いした結果、機器が増えて配線がごちゃごちゃになってしまった。整理したいが抜いても大丈夫かわからない。トラブルはどこにお願いすればいいのかもわからず、たらい回しになったり。配線を整理することで無駄なコストと時間を削減します。

交換
劣化したケーブルは性能の良いものと交換し、不要な配線は取り外します。
整理
短くまとめ系統をわかりやすく美観も良くします。
不要な機器外し
同じ機能の機器は見直し集約します。使っていないレンタル機器が見つかりお金だけ支払っていたケースもあります。
タコ足配線の解消
電源タップを継ぎ足していると、火災になりやすく外れやすくもなります。施設によっては防災検査で指摘されます。
図面制作
配線図を作ることでトラブルも管理も素早く対応ができます。時間もコストも最適化できます。

配線整理前

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

配線整理後

ネットワークサーバー構築

要件や規模によって柔軟に設計する必要がありますし、コストやスケジュールなども重要です。一度導入して終わりではなく、継続的に管理運用することで、その後の拡張や交換等々も適切にできます。

電話
複数台規模でビジネスホンPBXを利用。
インターネット
光回線で高速通信。
リモートワーク
外出先からも社内と同じようにできるVPN構築。
ファイルサーバー
メイン機と予備機の冗長構成で障害に備え各々バックアップ
Wi-Fi
従業員と来客用に分割したアクセスポイント
カメラ
スマホでいつでもどこでからでも遡って確認。

設置例